夏がくる前に脱毛するならいつ頃始めればいい?サロンに通う期間と露出時期を合わせる

薄着になる夏を迎える前に脱毛を行いたいと考えている場合、前の年の秋からサロンに通い始めるのがベストなタイミングです。

ムダ毛には毛周期があって一定間隔をあけながら通うことになるのですが、身体の場合には2ヶ月に1度程度となっています。施術を終わらせるまでには5~6回を要しますので、単純に計算すると1年近くかかることになり、秋になってからすぐに始めても次の夏にぎりぎり間に合うというタイミングになります。ですから、秋を迎えたらすぐにでもサロンに予約を取って、スケジュール通りに進めなければなりません。

ムダ毛をあまり気にしない季節になると比較的予約も取りやすくなりますので、予定通りに進めることができます。

通っている期間は、薄着になることが少なくて露出も少ない方が良いとされています。露出の多い時期は暑くて紫外線による影響もとても大きいので、肌へのダメージが懸念されるというのが避けなければならない大きな理由です。

照射を行った肌は非常にデリケートになっていて、ちょっとした外部からの刺激にも反応してしまいますので、思わぬ肌トラブルが引き起こされることもあります。紫外線量が少なくなる秋から始めれば、ダメージを受けにくい環境の中でムダ毛を無くすことが可能です。
また、日焼けをすると火傷や色素沈着のリスクが高まることも注意しなければならない点です。紫外線を浴びると肌の色が変わりますが、照射するマシンはムダ毛の黒いメラニン色素に反応するようになっていますので、肌の黒くなっている部分にも反応しやすくなります。照射の出力を抑えて処理を行ったりすることもありますが、場合によっては処理できないと判断されてしまいますので、夏に施術を受けるのはかなり気を使います。

暑いのに長袖を着用して紫外線対策も万全にするというのは普通に生活をしていたらなかなかできないことですので、一般的に考えると薄着をしない秋から始めるのが賢い選択です。特に紫外線を浴びると肌の色が変わりやすい人は影響が大きいといえますので、紫外線ダメージの少ない季節を選んで受けなければなりません。

見た目には変わらなくても肌の乾燥が引き起こされているケースもあり、乾燥すると思うような脱毛効果が得られなかったり、照射によって肌に影響が出て痒みなどのトラブルが引き起こされる可能性もあります。

サロンに通うとなるとスケジュールまで考えなければなりませんので億劫ですし、思い立った時に行かないとどんどん先延ばしにしてしまうという人も多いのですが、大切な肌を守るためには最適なタイミングで施術を受けたいところです。

夏は特別なことをしていなくても紫外線によるダメージを受けてしまう季節ですので、毛包や毛母細胞の働きをストップさせるような照射を行う施術は負担が大きすぎます。秋になると長袖になって露出がなくなるだけでなく紫外線の影響も弱まりますので、安全に受けることが可能です。